備えあれば憂い無しの体験談

新着情報

2013年8月6日  私の年末の過ごし方を紹介します。

私の年末の過ごし方は、主に大掃除とお正月の準備です。 年末に大掃除をするご家庭は、たくさんおられると思います。 私は掃除が大好きというわけではないですが、年末の大掃除の時期になると、新年をきれいなお家で心地よく迎えたいという気持ちが強くなるので、一生懸命集中して掃除をすることができます。 いつも住んでいるお家に感謝を込めながら、掃除をするのも良いことだと思います。 大掃除をするときに、意外と便利なアイテムが揃っているのが、100円ショップです。 100円ショップでは、100円で購入することができる、安くて意外と使えるお掃除グッズがたくさんあるので、おすすめです。 窓拭きアイテムやお風呂場やトイレなど水回りのお掃除グッズも揃っているので、掃除が今まで以上にしやすくなると思います。 個人的に、洗剤は、よく汚れが落ちる品質の高い商品を購入するようにしています。 そうすることで、力を入れてこすらなくても、簡単に汚れが落ちるので、とても便利です。 年末に掃除をする時間がない方は、ハウスクリーニングのサービスに注目してみることをおすすめします。 業者の中には、お手頃価格で、品質の高いハウスクリーニングのサービスを提供してくれているところもあるので、お家を簡単にきれいにすることができますよ。

私が実際に災害にあった時に体験した出来事から色々と学んだことを解説していきます。
人生においては、常に最悪の事態や予期せぬ事態が発生することを備えて行動したり、
日頃からコツコツと備えを固めておくことを実践したりすることが肝要です。
多くの人がそういった備えを怠らず行っておけば、まさかの事態や予期せぬ事態になっても
対応方法に余裕を持たすことが出来るからです。

特に震災といった地域を限定しない災害については、常日頃から震災に対しての
備えておき救助袋を持っていることも一つの備えとなります。
東日本大震災でも経験したように、大規模な震災が起こるとその地域を
壊滅的な被害をもたらす事が多くなります。

電力やガス、水道が遮断され、そういった社会的なインフラ設備が機能しなくなってしまいます。
しかも情報の遮断も行われることから、今後どのように生活していけば良いかがわからなくなります。
孤立無援の状態が続く可能性もあります。

救援物資もいつ届くか解らない状態となりますので、最低1週間は飢えを凌げる形にしておくことが
ベストとなります。

なお地方自治体によっては、現実に大きな震災が起こったりしたら、どのように住民を避難させ、
そして救助物資の貯蔵といったことも確保している自治体もあります。
地域によっては、避難場所となるハザードマップの存在も備えあれば憂いなしの
一環としても策定されています。
備えあれば憂えなしといったことは、主に震災等の災害面のことを言っていると考えられますが、
それだけに留まらず、様々な分野でも見られることです。

危機管理能力といったことで、例えば金融の分野から交通、労働災害といった分野まで
備えの重要性は指摘されるものです。
つまり人は生活していく中で案外誰しも行っている生活の知恵ではないでしょうか。
例えば、花粉症の季節の前には、そのシーズン前には花粉症対策の商品を購入します。
また常日頃から急の出費が発生することを見越して、貯蓄を行っておきます。

また交通では事故を回避するためにいつも使い慣れた道を通行するといったことを行っている訳です。
株式の世界についても、塩漬けにならないように早い段階で
損切りを行うことも同じです。

またスポーツの世界においても野球はお馴染みでもありますが、打球を守備する上では
必ず捕球する後ろには、別の野手がカバーを行うことが当然となっています。
それはその捕球する野手がエラーをした場合に、それを別の野手が捕球して
走者の進塁を防ぐ必要があるからです。
このように誰もが自然のうちに予測を立てて、リスクを最小限に食い止める努力を行っているのです。

また、別の角度から所有する物件に関する話をすると、
一生のうちにせいぜい1度か2度の購入になる不動産やマンションですが、
購入する際には今住んでいる不動産を売却し、その資金を基に購入するという流れになります。
ここでも大きなリスクが存在します。それは業者によって金額の乱高下がすさまじいことです。
不動産買取は、なるべくたくさんの業者に見てもらうことが最もリスクを軽減する手段となりますが、
多くの業者に依頼を出す、即ち見積もりだけの不動産買取に率先して足を運ぶ業者は多くありません。
ですから、それを総括する会社に依頼するのが得策と言えます。
直接不動産業者の店舗に行くのではなく、ネット上でなら1分であなたのマンション査定をだす事ができます。
査定のための入力欄に築年数や間取りなどを記入する必要が出てくるので、
見積もりに必要な情報をあらかじめ自分で把握しておくと良いでしょう。
情報不足で自分に不利な契約をしてしまったり、面倒くさがって下調べしなかったばっかりに
損をしてしまわないようにしたいですね。
一生のうちに限られた事だからこそ失敗はしたくないものです。